ブログトップ

同じ空の下で

彼岸の入り

母のお昼御飯が届く日だったので
昼過ぎにお墓参り。
近くに住む叔母が、いつもの缶コーヒーとお花を供えてくれていました。
私にはバカでしょうがない兄だったけど
叔母ちゃんには可愛い甥っ子だったんでしょう。
ありがたいことです。



[PR]
by kazu-0603 | 2017-09-20 23:04 | Comments(0)

梅干し婆さんの退屈な日常